MSM-04  アッガイ

画像
ジオン軍水泳部萌え担当のアッガイぞ!

『丸っこい機体はさらに丸く』をモットーに(?)パーツのエッジをほぼ全て削り落としてます。
ウッドブラウンの表面は溶きパテで鋳造表現を施すのと同様の手法で、パテ率を高めにし、ケバが立つほどに叩き付けました。
これによりぬいぐるみの様な仕上がりになり、ぬくもりと萌え感UP!


画像
画像
右腕のクローは、萌えの中に対照的なアクセントを置きたく、トーチカを一撃の下に大破させる『攻める刺突兵器』の冷酷さを効かせる為、先端をシャープ化し、ツヤを控えた冷ややかなシルバーで仕上げてます。


画像
腕と脚の付け根の赤いラインデカールは、貼った上からツヤ消しコートをかけたら、イイ感じに溶剤に浸食されて『剥げ』が生じた次第。


画像
モノアイはピンクにしておくべきでした、やっぱり。
あと、左手ランチャーのミサイルは、一度差し込んだら抜きにくいです。


画像
画像
ミサイル発射と足裏スクリューのエフェクト、潜水艦を模したベースもBIGなオマケ。
各エフェクトは内側からホワイトを塗装。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2013年04月08日 01:54
アッガイ君って‥水泳部なんですかあ~
(^。^;)ガンダムのことは詳しくないから、ごめんなさい
m(_ _)mけど‥ロッキーさんの塗装手法は参考にさせて頂いてます
(=^_^=)
ガンプラのグラデーション・ウェザリング塗装はNゲージには適用転用できるかしら?
ウォッシングのハイライト技法で貨物列車の貨車の屋根の演出は、やってみたけど‥ちょっと‥金属製硬質感のオーバーディテールになっちゃった
(┳◇┳)ドールハウスのトタン屋根とかは違うようでした
(-"-;)けど‥鉄道模型の愛好者の方々は車両とか建造物をウェザリングとかしない傾向で、「勿体無い」「なぜ汚す?」なんて不可解なコメントもありました
(∋_∈)何か価値観違うみたいね
長文でごめんなさい

この記事へのトラックバック