圧蟹一号

東京で細々と芸術活動を続ける旧友の濱中大作から、このリトプレス機の製作依頼が来たのは去年の今頃の話。

適材適所をモットーに、既存のマテリアルを選別し、なるべく加工を少なく、剛性は高く、圧力は強く、それでいて安価に仕上げた結果…
総重量10kgのこのカタチに収まりました。

携帯型じゃないんで、特に軽量化は眼中にありませんでしたからね。

画像
ベース部分は摩擦を減らすべく、ヘアラインを引っ張り方向に走らせたステンレスを被せています。



画像
側面。
9.5mmのスキージはヒノキ材。
その上にあるチクワ状の部分は網戸ビード。
ご家庭でもお馴染みの、網戸の網を押さえるゴムです。
押さえのテンションが不足気味な場合は、芯材となる軸を通せばクッション性を減少できます。



画像
上部には合計10本もの締め込み用ボルトが並んでます。
刷りムラを解消する為に、加圧部分を狭いピッチで設けた結果ですが、一本一本を締め込む作業に時間が掛かるらしく、今は一括締めが可能なトグルクランプに改良されてます。


この圧蟹を製作したRockyに言えることはここまで。

この圧蟹により生み出される作品が気になる方、また「圧蟹?なんて読むの?」って方は濱中大作氏のブログへGO!

作品閲覧はコチラ
【daisaku hamanaka peinting ocean】
http://daisakuhamanakapo.blogspot.jp/

技術的な解説はコチラ
【四畳半のリトグラフ】
http://ritogaph45.blogspot.jp/





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2013年04月08日 16:25
こんにちは。ドールハウスやミニチュアモデル、スイーツデコの趣味のお友達やママ友も私のblog記事PVしてます。Rockyさんのコメントを参考反映させていただきますね
(=^_^=)
これから工作タイムへ

この記事へのトラックバック