【食べログ】長浜ラーメン 一撃

画像
岡垣にある昭和風佇まい全開のラーメン店。

店内はお世辞にも「キレイ、オシャレ、広い」とは言えない狭小な空間。

でもそんな事はどーでもいいんです!

そもそも美味しいラーメンを食べるのにソレいる?

ラーメンを美味しく食べるには必要な要素なのかもしれないけど、最初っから旨いラーメンありきならどんな店でもOKなんじゃないかな。









画像
はい、これが看板メニューの長浜ラーメン(380円)

書き間違えじゃありません、確かに380円ぽっきり!

100円玉3枚と10円玉8枚で食べれます!いまどき!

画像
ほらね。

もっともオーソドックスな注文だったからでしょうか、3分も待たずして「へい、お待ち」です。

いや、全然待ってないからw

デフォのトッピングはチャーシュー、のり、ネギ、キクラゲで、横に添えられた小皿はトッピング用の激辛高菜(100円)なんですが、これがこのお値段つーのがなんだか釣り合ってない気がしますね…。

スープは色が薄く、豚骨独特の気になる匂いが全くありません。

そして一口すすってみてもアッサリ、サッパリとした味わい。

長浜ラーメンといえば、麺はもちろんストレートな細麺。

麺の硬さは「やわ、ふつう、カタ、バリカタ」の四段階から選択できるんで、Rockyは「カタ」を注文したんですけど、この十分な硬さなら「ふつう」でも少々な歯応えがあるとお見受けします。

あまり噛みちぎらずに、控えめな味付けのスープとともにグイグイ喉越しを楽しめます。

数多あるラーメンの食べログみたく上手いことは言えませんが、今までの経験上「食後に全然喉が渇かないラーメン」は、この店で二軒目です。

ま、個人的な好みの問題ですけどね。









店名のわりには、価格をはじめとした全てが控えめ。

ともすれば、この屋号は大将のせめてもの心の内を自己アピールしたあらわれか?

それとも、高いばかりで派手な味付け&勘違いしたオシャレ勝負に力を入れてて「頑固モン=チョイ悪」と意味履き違えてるウケ狙い的なんちゃってラーメン屋に対する当てつけか?

後者に恨みは一切ございませんが、どちらかといえば前者であってほしい。

そういえば、Rockyも中学生の頃にはカバンに「夕闇の帰宅部」とか痛いステッカーを貼ってたな。

全く健全な卓球部だったのになw


























この記事へのコメント

この記事へのトラックバック