第一回 北Qモデラーズ コンテスト枠

さて、ここからはコンテスト作品のレポートです。









画像
まっさんの赤いバーザム。
写真では分かりづらいのですけど、かなりの小型なのに精密な作品です。
フルスクラッチだそうで!






画像
ろっくさんのガンダムバルバトスRex。
大丈夫です!ちゃんと恐竜に見えます!
よく見ると…ただのレンチメイスじゃありませんよねぇ?






画像
がっかりうどんぬさんのグフカスタム。
遊び心が素敵な方ですけど、本気を出すとコワイ…
そんな勝手なイメージが作品からも伝わってきます。






画像
ちゃあさんのフリーダムカスタム。
SEED系はあまり詳しくないのですけど、スジボリやデカールに気合いを入れてるんですよね?
わかります(←ホントか?)






画像
たかさんの全部載せハイモック。
製作途中での出展でしたけど全然イケます!
今では背中のバインダーが大変なことになっているのがTwitterでご覧になれます。






画像
蒼機さんのサザビー。
ピッカピカのツッヤツヤ!
この表面処理だとハッチをフルオープンするのに尋常じゃない気を遣いますでしょうな…。






画像
kashさんのゴッドガンダム。
1/60です!デカいです!
後光が神々しいです!
この作品だけはこちら側が逆光で正解でしたね。






画像
まささんのガンヘッド。
懐かしい!
今になって見るとフレームアームズっぽくもあるデザインですね。
無骨な鉄くさい感じが好きです。






画像
FLYさんの陸戦用サザビー。
要点をおさえた部分改造でオリジナリティを上げています。
そしてなによりカラーリングの斬新さ!
黄色いサザビーですよ⁈






画像
Toshiさんのハンブラビ。
1/144でもサイズ的に見劣りしないようにベースの高さを増すアイデアが素晴らしい。
ヴェイガン系のようなフォルムはどことかくミステリアス。






画像
ちょんまげ番長さんの…ちょっとゴメンなさい、作品名を忘れてしまいました。
クリアパーツをふんだんに使った、和のイメージが雅な作品です。






画像
えっぐさんのガンダムmkIII。
足回りを部分改造されています。
Twitterでは弱気なことをおっしゃっていましたけど、効果はあらわれていると思いますよ。






画像
そして私の金星号。
ここで多くは語りません。
未完成ですので。






画像
ヒビキさんの…これまたゴメンなさい、作品名を忘れました。
SDながら左手のコッキングが力強い!






画像
なっきーさんのサザンランサー。
ミスからミスターへの改造。
ランサー好きとしてほっとけません。
胸部の女神像は自作ですって!






画像
Phantomさんのルナガンス。
この浮サビ、海外の模型本から修得したとのことです。
技術以外の努力も凄まじい!






画像
かげちよさんのロリィタグシオン。
装飾だけでなく、ドライセンやジオングもミキシングに使われているそうで…
あ、ネコミミ!






画像
しんさんのレズン機ギラドーガ。
会場に入って真正面という一番最初に目を引く位置に耐えうる完成度です。
モノアイにはミライトが仕組まれていて、ビームマシンガンはフルスクラッチ!






画像
オヤジオンさんのゲルググキャノン。
Ver2.0をキャノン化。
完成を楽しみにしています。






画像
とみさぶろうさんのシナンジュ。
文句無しの優勝作品!
おめでとうございます!
ライトUPで一日中輝いていましたが、実は表彰式の時の西陽があたっている姿が一番美しかった。






画像
とみさぶろうさんの奥様のパパッガイ。
可愛くもあり、ジェントルマンでもあり。
さしずめ「私の腕長おじさん」といったところでしょうか。






画像
とみさぶろうさんの娘さん、ここあちゃんのベアッガイIIIプリティ。
9歳にしてエアブラシ塗装とか末恐ろしやw
この時期、ガンダムといえば鉄血冷めやらぬ殺伐とした頃でしたので、心が洗い流された気がしました。






画像
ここあちゃんの妹さん、まこちゃんのベアッガイIIIプリティ。
こちらは筆塗りですが綺麗に磨き抜かれてます。
姉妹で申し合わせたのでしょうか、よく見るとカラーリングもベースも対照的です。
太陽の天使と月の天使。






画像
暁月さんのアーヴァイン。
脚部は逆関節系が好きなのでやってみたとのこと。
やってみたい事をカタチにできるのは素晴らしいと思います。






画像
T.K.TAKAさんのνガンダム。
塗って剥いでのくりかえしで、自分の納得いくカラーリングでの出展です。
その回数にはこだわりと言うか狂気すら感じました。
今回の展示会で最もよくお話した、最も気の合う方でした。
次回はFMSでお会いしましょう。






画像
脱力漢さんのジェガン。
パチ組みからのウェザリングだけでここまでの使い込まれ感な再現できる、お手軽仕上げの良い例です。
まだ模型を始めて一年たってないとは思えません。






画像
蛇姫さんのスガニャン。
ハイキューの菅原さん?がちょっと分かりません、ごめんなさい。
でもジバニャンからのかなりの手の入れようなら分かります。






画像
和さんのブルーディスティニー。
固定ポーズはつぶしがきかないから勇気ある選択じゃないでしょうか。
そしてこれは大成功例。
ベースのふちにかけた指に、体を引っ張って飛びかかろうとする荒々しさを感じます。






画像
藤田さんのジョニザク。
シャアの人、でも作品はジョニー機。
銀ハゲと焼けが上手くウェザられています。
しかしそれよりも…シャアの人…。






画像
田中さんのキュベレイ。
ファンネルの砲口と軌跡、全バーニアをLEDで電飾されてます。
ケーブルは外部に流れていますが、肩口の配線はむき出しになりつつも整合性を持たせています。






画像
早岐さんのダブルオークアンタフルセイバー。
プロポーション改修のために、ハデではないけれど根気とセンスの必要とされる作業をこなしておられます。





画像
ナガセさんのアクション仮面。
これは~…タイバニのキットですかね?
タイバニもアクション仮面もちょっと詳しくないんですけど、ヒロイックなカッコよさはひしひしと伝わります。






画像
氷室さんのキマリスダリューン。
黒騎士っぽくて「もしもガエリオが悪堕ちしたら」なんて考えさせられます。
目つきがもうね、ダークサイド!






画像
TKさんのジェスタ。
ジム系最強と名高い(?)機体をさらに強化。
この肩の大型キャノンなのに自立するとは⁉
反対側のドラムマガジンがカウンターウエイトかな~?






画像
輝くあやねさんの神聖騎士ウイング。
これはオリジナルのSDなのかな?
とにかく子供の頃の記憶を温め続け、カッティングプロッターや3Dプリンターの最新技術を駆使して現代に蘇らす…これもSD愛のなせるワザ!










最後に…。

自分の生まれ育った町でこのような規模のコンテスト・展示会を開催していただいた日明模型クラブの皆さまには心から感謝いたします。

これからも第二回、第三回と機会があればもれなくお邪魔しますのでよろしくお願いします。





















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック