テーマ:松岡圭祐

【小説】万能鑑定士Qの短編集Ⅱ

美人鑑定家が奔放な知識で「人の死なない」コージー・ミステリに挑む、エンタメ・ノヴェルの先駆的ブランド「Qシリーズ」。総額8億円もの切手コレクションから1枚300万円の変わり種銀貨、満開のソメイヨシノまで、あらゆるアイテムにまつわる不可思議と、胸のすくような謎解き、驚くべき結末の数々。ついには凛田莉子の最大のライバル、雨森華蓮が出所し…。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小説】万能鑑定士Qの事件簿Ⅳ

希少な映画グッズのコレクターの家が火事になり、プレミア品の数々が灰になった。翌朝、やはりレア物のパンフレットやポスターを扱う店が不審火で全焼する。連続放火魔の狙いは、かつて全国規模でヒットを飛ばしながら存在を封印された1本の邦画だった。ミリオンセラー『催眠』の主人公、カウンセラー嵯峨敏也が登場、凛田莉子との初顔合わせを果たす。頭脳明晰な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小説】万能鑑定士Qの事件簿Ⅲ

人気ファッションショップで、ある日突然、売り上げが落ちてしまう。いつも英語は赤点の女子高生が、東大入試レベルのヒアリング問題で満点を取る。この奇妙な事象をともに陰で操っていたのは、かつてミリオンセラーを連発した有名音楽プロデューサー・西園寺響だった。借金地獄に堕ちた彼は、音を利用した前代未聞の詐欺を繰り返していた。凛田莉子は鑑定眼と機知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小説】万能鑑定士Qの事件簿Ⅱ

『週刊角川』記者・小笠原は途方に暮れていた。わずか2日で、コンビニの弁当は数千円から数万円に、JRのひと区間は九千円以上になり、いくら金があっても足りないのだ。従来のあらゆる鑑定をクリアした偽礼が現れ、ハイパーインフレに陥ってしまった日本。だが、まだ万能鑑定士・凛田莉子の鑑定がある!パーフェクトな偽礼の謎を暴き、未曾有の危機から国家を救…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小説】万能鑑定士Qの事件簿Ⅰ

東京23区を侵食していく不気味な“力士シール”。誰が、何のために貼ったのか?謎を追う若き週刊誌記者・小笠原は、猫のように鋭く魅惑的な瞳を持つ美女と出会う。凛田莉子、23歳―一瞬時に万物の真価・真贋・真相を見破る「万能鑑定士」だ。信じられないほどの天然キャラで劣等生だった莉子は、いつどこで広範な専門知識と観察眼を身につけたのか。稀代の頭脳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小説】万能鑑定士Qの短編集Ⅰ

軽い気持ちで「探偵以外の職業が謎解きするミステリを読んでみっか」と手を出したら、なんとシリーズ通算16作目の本でした。 そしてよくよく考えてみたら子供嫌いな物理学者とか毒舌執事とか、探偵以外の活躍劇は結構読んでました。 万能鑑定士の凜田莉子先生(本人は万能ではないと謙遜してますが)が、代官山の質屋【ジャック・オブ・オールトレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more