テーマ:岡崎琢磨

【小説】珈琲店タレーランの事件簿2 彼女はカフェオレの夢を見る

一杯のコーヒーにも四十年の思い出 トルコのことわざ 京都の街にひっそりと佇む珈琲店“タレーラン”に、頭脳明晰な女性バリスタ・切間美星の妹、美空が夏季休暇を利用してやってきた。外見も性格も正反対の美星と美空は、常連客のアオヤマとともに、タレーランに持ち込まれる“…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小説】珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を

良いコーヒーとは、悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のように純粋で、そして恋のように甘い。 シャルル=モーリス・ド・タレーラン=ペリゴール 以下、重大なネタバレを含みますのでご注意ください。 京都の人目に付かない路地裏にひっそりと佇む純喫茶タレーラン。 【門】を潜れば異空間にも似…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more