テーマ:マスターグレード

GF13-001NHII マスターガンダム

何でもアリのあの最強機体…。 ついにR.H.Sに顕現! 推し機体ということもあり、製作には特に力を入れましたよ。(Rockyなりにね) ホントのこと言うと、一年以上前に完成していました。 今となっては完全に過去作ですね。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GF13-017NJⅡ ゴッドガンダム HYPERMODE

本気出したら金色に輝くロボって結構ありますよね。 そんなゴッドガンダムの本気モード。 でもメッキじゃなくてノーマルキットのゴールド塗装です。 メッキの輝きは美しいけど、ライン消しなんかの表面処理が一切できないんでね… フロント。 コレ、ゴールドとブラスの二種類を塗り分けてあるんですけど、今となってはどこにど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GF13-001NHⅡ マスターガンダム HYPERMODE

メッキキットの撮影は光の当て方が難しい… しかしゴールド塗装と違ってガシガシ遊べる マスターガンダムハイパーモード! とは言え、今回はご覧の通りのやっつけ写真ですのでご容赦ください。 ラバー素材の手首パーツもゴールドなら… 足裏ラバーもゴールド! ゴージャス! ただしダー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RGM-79 ジム

地球連邦軍のヤラレMS、ジムぞ! ジムに乗るならシールドは忘れずに。 やる時ゃやる子! 各ガンダム作品中でジム系の活躍シーンは妙に盛り上がります。 でもやっぱりジムにはこんなポーズが似合ったり… 見よッ! このカワイらしいボクちゃん顔! 背面です。 関節をシルバーにしてみたらレトロ感が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GF13-017NJ シャイニングガンダム SUPERMODE

明鏡止水の境地に目覚め、黄金に光り輝くシャイニングガンダム・スーパーモードぞ! ゴッドガンダムやマスターガンダムみたくメッキバージョンが発売されてないんで、再現したけりゃ自分で塗るしかありません。 いつものようにツヤ消しにしようか? 半光沢にしようか? それとも光沢仕上げがイイか? あれこれ悩みましたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AGE-2DH  ガンダムAGE-2 ダークハウンド

宇宙の海~は~♪ 俺の~海~♪ 宇宙海賊ビシディアンの可変MS、ダークハウンドぞ! ご覧の通り、今回はギリギリのオリジナルカラー仕上げです。 さすがにね、ダークハウンドをホワイトに塗るほどの中二病じゃありません。 実はマスターガンダムのアニメカラーを意識した配色にしてみたんですけど、どうもピエロっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RMS-099 リックディアス(クワトロ機)

クワトロ=バジーナを名乗っておきながら赤い彗星である事を隠そうとしない。 そんなカラーリングのクワトロ専用リックディアスぞ! クワトロ機だけど、まぁシャアが乗るわけだから胸元リベットを追加。 鉄の塊っぽいつま先。 もちろん現在のMGみたいに曲がりません。 エゥーゴのロゴ入り部分だけを光沢コー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WD-M01 ターンエーガンダム

最もガンダムらしくないガンダム、∀ガンダムぞ! いや、MFまでカウントしたらきりがないから…( ̄∀ ̄) 立派なお髭の御尊顔。 従来のガンダムとはかけ離れたデザインだけに、安売りされてないイメージがあります(^∀^) 丸みを帯びたフォルムにはパール系が似合うかと思い、ブルーパールを使った塗装に挑戦してみまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

YMS-15 ギャン

MS界のロビンマスクことギャンぞ! いいもの好きのマ・クベさん専用機なんで、メタリック塗装でさらにいいもの感をUP! 全体をシルバーに塗装後、上からパーツ縁だけを狙ってクリアブルーで重ね吹き、仕上げにサッと全体をクリアブルーで薄吹き。 言わばメタリックグラデーションってトコかな? シールドはやっぱり重いで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RX-78/C.A キャスバル専用ガンダム

PSソフト【ギレンの野望】に登場した、ガンダムの歴史上ではIF的な扱いのMS、キャスバル専用ガンダムぞ! キャスバルってのはシャアの事。 あの赤い彗星のシャアの本名がキャスバル・レム・ダイクン。 だから色も赤ですし、Rockyがシャア機に施すアクセントの「胸元リベット」も追加しときました。 脚部の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RX-75 ガンタンク

古今東西あらゆる戦車たちの理想となる進化のカタチ、ホワイトベースの「縁の下の力持ち」ガンタンクぞ! 今回はいつもより画像が割り増しですんで覚悟してください。 下半身がタンクなので1/100にして小柄なキット。 履帯の次にガンタンクの象徴となる肩の砲塔は上下の自由度が高め。 しかし基部にガードがあるため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MS-14S  シャア専用ゲルググ

Rockyにしては珍しくノーデカール仕上げとなったシャア専用ゲルググぞ! 言い訳させてもらうと、塗装面が粗すぎて、付属の転写式デカールが浮いてしまったんですわ。 胸元にはシルクピンによりリベットディテールを追加。 シャア機にはこのアクセントを入れるのがRocky流。 やっぱジオンの文字とマーク…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

真武者頑駄無

初登場はガンダム無双、今はトライエイジで大暴れの生きたMS、真武者頑駄無!いざ出陣ぞ! メッキパーツは漂白剤への浸け置きで、メッキ剥離後にシルバー塗装。 薙刀・槍・太刀の各エッジにはマスキングしてのツヤ消しコートで刃紋を表現してみました。 カラーリングイメージとして屏風絵を意識した淡い色使いを試してみましたけど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RX-78[G]   陸戦型ガンダム

エアブラシデビューから二体目の作品、陸戦型ガンダムぞ! Rockyの中じゃ二作目にして、未だにコレを超える作品は作れてないかもしれない出来栄えの塗り。 特にホワイト部分のグラデ塗装は、強すぎず弱すぎず絶妙かと自負。 買ってからしばらく『積んで』たんで、転写デカールが勝手に剥離してしまってました。 そこでまぁ、何かテキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RX-78NT-1 ガンダムNT-1

記念すべきRockyのエアブラシデビュー作、RX-NT-1通称『アレックス』ぞ! まずはチョバムアーマー装備状態からどうぞ。 バックパックまで完全防御。 なのに顔は全くのノーガードというね… スミ入れはペンを使ったんで、ハミ出しなんかが初々しい。 超アオリ! この頃は写真の撮り方も試行錯誤でした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GF13-021NG ガンダムシュピーゲル

ドモンの第二の師、ネオドイツ代表のシュバルツ=ブルーダーが愛機、ガンダムシュピーゲルぞ! めったに問われる事はないでしょうが 「忍者とドイツ兵の中間ってどんなん?」と訊かれたら、このシュピーゲルと答えておけば、まず間違いないでしょう。 背中に突き刺さってバックパックとなるコアランダー。 シュピーゲル最大の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MSM-04  アッガイ

ジオン軍水泳部萌え担当のアッガイぞ! 『丸っこい機体はさらに丸く』をモットーに(?)パーツのエッジをほぼ全て削り落としてます。 ウッドブラウンの表面は溶きパテで鋳造表現を施すのと同様の手法で、パテ率を高めにし、ケバが立つほどに叩き付けました。 これによりぬいぐるみの様な仕上がりになり、ぬくもりと萌え感UP! 右腕のク…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more